学生が学費借りる

学生本人が学費を借りれるのはどこ?

何らかの理由で学生本人が学費を払わないといけない状況になり、お金を借りないといけないという状況になることもあるでしょう。

 

親が急に学費を払えなくなってしまったりということもありますからね。親が自営業をしている家庭とかだと、急に経営が傾いて学費が払えなくなるということなどはよくあることです。

 

このような時は学生本人が学費を用意しないといけないですが、急な場合とかだとどこかから借りるしかないですね。

 

もちろん、借りたら支払いが増えるわけなので、アルバイトなどを増やして返済していかないといけないですけどね。

 

で、学費を借りるということで借りれる借り先として候補に挙げられるのが、「奨学金」「教育ローン」「カードローン」ということになります。このそれぞれについてあとで解説しますね。

 

ただ、その前に学費の「免除」「分納」「延納」でどうにかならないか?ということを検討してください。

 

学費

 

学費の「免除」「分納」「延納」

お金を借りて学費を払うのも一つの方法ではありますが、借りなくてもいい方法があればそちらから検討すべきです。

 

学費の支払いに関しては「免除」「分納」「延納」という方法もあります。

 

まず学費の「免除」ですが、これはその名の通り学費を免除されるので支払わなくてもいいということになります。

 

ただ、この免除は成績優秀者に対してとる特別な措置になります。一般的な成績ではだめです。

 

全部免除もありますが、半額などの一部の免除という場合もあります。成績優秀者に関してですので、あまり利用できる方はごく一部に限られます。

 

次に学費の「分納」ですが、一般的に学費は半期ごとの一括払いとなっています。

 

それを分割して払わせてもらうことが分納になります。

 

最後に学費の「延納」ですが、、学費の支払いを延期してもらうことになります。

 

延期してもらう間に、ガッツリアルバイトをしてお金を貯めて支払うことが出来ます。この延納が一番現実的かもしれません。

とりあえず、学校の窓口に行って授業料の免除か分納、延納ができないか?ということを問い合わせてみましょう。

休学も検討しないといけない場合もある

必要な学費の金額によっては、分納や延納、借りない方が良い可能性もあります。

 

特にお金を借りる場合には、あまり高額な借り入れをしてしまうと、後々返済できなくなってしまい債務整理という状況になる可能性もあります。

 

奨学金で借りたとすると支払いは社会人になってからになりますが、奨学金の支払いが出来ずに債務整理しないといけなくなっている学生もかなり増えてきています。

 

延納や分納に関しても支払わないといけないのには変わりはありませんので、次の学費の支払いのことも考えて次また同じようになって毎回支払いが厳しくなってくる可能性もあります。

 

ですので、今の親の状況等を考慮して、自分の将来的なことを考えて返済できなくなりそうという場合は今時点で「休学」という選択肢を選んだほうが良いかもしれません。

 

休学して1年間アルバイトをガッツリ増やすことによって、しっかりお金をためておきます。

 

で、貯めたお金を崩しながら学費を払っていくということにより、だいぶ生活が楽になる可能性が高いです。将来的な債務整理も避けることが出来ます。

 

ただ、休学するわけなので卒業が1年遅れてしまうということになります。このあたりも考えつつ休学も選択肢には入れておきましょう。

学費を借りる借り先

奨学金

奨学金は学生本人が借りることが出来ますね。すでに奨学金を利用しているという人もいるでしょう。

 

この奨学金は在学中でも借りれる可能性があります。

 

奨学金

 

まず、「緊急採用・応急採用」というのがあり、次のお湯な状況に陥った学生が利用できます。

 

現下の厳しい経済状況等を考慮し、失職、破産、事故、病気、死亡等もしくは火災、風水害等の災害等又は学校の廃止によりやむを得ず他の学校に入学することで修学に要する費用が増加したことにより家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、次により奨学生として採用します。※引用:独立行政法人 日本学生支援機構

 

急激な家庭環境の変化で家計が大変なことになったときなどに利用できる奨学金になります。

 

通年で募集しているので、このような内容に当てはまりそうな方は、こちらの「緊急採用・応急採用」を検討するといいでしょう。

 

あと、「在学採用」というのもあり、在学中の学生が利用することが出来ます。

 

この在学採用は通年で募集しているわけではなく、毎年春頃に募集となります。募集期間が決まっているのに、ある程度急いでいるという場合は厳しいですね。
すでに奨学金を利用しているという方は、増額してもらうこと可能です。絶対に可能というわけではありませんが、状況によっては可能となる場合もあります。

 

奨学金の月額変更で増額してもらうことによってどうにかなりそうな方は、こちらも検討するといいでしょう。

 

ただ、奨学金の場合は月々いくらという風に借りる形になりますので、急に学費を用意できるというものではありません。

 

ですので、すでに在学中の方にとっては、とりあえずちょっと将来的に学校に通い続けるためのものという位置づけになります。

 

奨学金は貸与型の場合はただ普通の借金になります。カードローンに比べるとかなり金利が安いというのがメリットになりますけどね。

 

この奨学金は卒業後に返済していかないといけませんので、返済できるであろう金額を自分でも考えて借りるようにしないといけないです。

 

今は奨学金が支払えずに債務整理という状況になってしまっている方が多いですからね。トータルで数百万円借りることになり分けですので、支払いは楽なものではありません。

 

教育ローン

学費の支払いとして考えるのならば、教育ローンという手も考えられます。教育ローンは希望の金額を一気に借りることが出来るので、奨学金と違い学費の支払いには適しています。

 

ただ、教育ローンに関しては学生本人は利用することが出来ないと思っておいたほうが良いでしょう。

 

楽天銀行など公式サイトを見ると学生本人が借りれるのかな?という感じの書き方をしている部分もあるのですが、実際に問い合わせて聞いてみると正社員として勤めている方でないと審査は通らないとのこと。

 

他に学生本人が利用できる教育ローンがあるのかもしれませんが、ほぼないと考えて間違いないでしょう。

 

ですので、親権者である親にお願いして親名義で申し込みしてもらい、返済を自分でしていくようにするしか教育ローンは利用できないです。

 

この親自身が申し込みしてくれるということになれば、教育ローンも商品によりますが在学期間中とプラス1年ぐらいは元金返済据え置きができます。とりあえず在学中は利息のみの支払いとできるので支払額を抑えることが出来ます。

 

ということで、教育ローンは親が申し込みできないのであれば、学生本人は利用できませんので諦めましょう。

 

カードローン

学生本人が学費を借りるとなると、カードローンが一番手っ取り早いと言えます。カードローンを利用したほうが良いというわけではないですが、学生本人が借りるとなればカードローンになる可能性は高いでしょう。

 

カードローンもお金をまとめて借りることが出来るわけなので、今支払わないといけない学費をすぐに支払うことが出来ます。

 

すぐに支払って、それからアルバイトを増やすなどしてお金を稼ぎ、返済していくという流れになりますね。

 

カードローンの中には即日融資が可能な金融機関もありますからね。

 

ただ、どの学生もカードローンを利用できるというわけではなく、カードローンを利用するには条件が2つほどあります。

  1. 20歳以上
  2. 定期的な収入がある

この2つのどちらも満たしていないと借りることは出来ません。ちなみに、定期的な収入というのはアルバイトでの収入でも全く問題ありません。

 

この条件を満たしている学生の方はカードローンで学費を借りるのも検討するといいでしょう。以下におすすめのカードローンを紹介しておきますね。

 

学費を借りるのにおすすめのカードローン

 

カードローン利用時の注意点

学費をカードローンで借りる場合は注意しないといけないことがあります。

 

カードローンのメリットの一つでもあるのが、審査により決められた限度額内ならば、また追加の申し込みをしなくても繰り返し利用できるということです。

 

30万円の利用限度枠となった場合、今回学費の支払いで20万円借りたとすると、あと10万円はまだ使えるということになります。

 

もしまた10万円必要となったときに、新たに申し込みして審査を受けることなく、限度額内である残りの10万円は借りることが出来ます。

 

これはまた審査を受けなくてもいいということでメリットとはなるのですが、使いすぎてしまうというデメリットにもなるのです。

 

あまり必要でもないのについつい1万円借りたり2万円借りたりとしているうちに、いつの間にか限度額いっぱいになってしまうのです。

 

こうなってくると借りるということに抵抗がなくなってきます。借りているお金という感覚も無くなってくるのです。

 

こうなって繰り返し利用していると、いつまでたっても完済することが出来ませんし、支払いに追われることになってしまいます。

 

次にまた学費が必要になったときも限度額いっぱいになっていたら、新たに借りて学費を支払うということもできないのです。

 

ですので、カードローンで学費を借りて支払った時は、必ずまずは完済することを目指しましょう。新たにちょこちょこ借りるのではなく、アルバイトを頑張って完済しておくようにして下さい。

 

利息も支払っている状態ですので、ちょっとでも追加で返済できるのならば、追加で返済しておけば完済までの道のりが早くなります。

 

このあたりを注意してカードローンを利用するようにしましょう。

 

カードローンでよくある質問
学生はカードローンでいくら借りれる?

学生がカードローンでいくらお金を借りれるか?ということですが、アルバイト収入の金額によって変わってきます。

 

どういうことかというと、総量規制が導入されているので個人がお金を借りるのは年収の3分の1までしか借りることが出来ません。

 

ですので、その金額を計算するとある程度借りれる金額が分かります。

 

例えば、月に5万円ほどのアルバイト収入のある学生ならば、年収で60万円ということになり、その3分の1の20万円が最高で借りれる金額になります。

 

審査により融資限度額がもう少し下がる可能性もあります。

 

あくまで目安的にはなりますが、年収の3分の1ぐらいと思っておくといいでしょう。

 

審査に通りやすくするにはどうすればいい?

まず、審査に通りたいからと言って年収を多く書いたり、アルバイトをしていないのにアルバイトをしているということで申し込みするのは絶対にダメです。

 

こういった嘘を記入して申し込みすると、すぐに嘘はバレてしまいその時点で審査に落ちることになってしまいます。

 

カードローンはアルバイト先への在籍確認は必ずありますので、働いているかどうかということはすぐに分かりますからね。

 

ですので、嘘は記入せずに本当のことを記入して申し込みするというのが重要になります。

 

あと、とりあえずどこでもいいから借りたいということで、複数同時に申し込みするのもNGです。

 

カードローンに申し込みした記録は信用機関に登録されますので、複数同時に申し込みしたということはバレてしまいます。

 

こういうのがばれてしまうと、かなりお金に困っていて返済してもらえない可能性があるということになり審査に落ちてしまいます。

 

一定期間に複数のローンに申し込みしてしまえば、申し込みブラックと言われる状態になって、申し込みしても審査に通らなくなってしまうのです。

 

ですので、複数同時に申し込みするのではなく、1社をちゃんと決めて申し込みするようにしましょう。

 

申し込みから借入までの流れは?

ここに回答を入力

page top